タブレット

新型コロナにも対応

バイタルから
健康リスクを「見える化」

医療介護の現場で
患者・入居者の健康状態をいつでもチェック

新型コロナにも対応

コロナ対策におすすめ

バイタルから健康リスクを
自動計算する「安診ネット One」を
今なら無料でご使用できます

分析し
健康状態を
一括管理

『安診ネットOne』は
バイタルサインを分析し、
個別のバイタル異常値を検知。
AIが医療リスクをで表示します*。
※特許取得済み

お問合せはこちら

このようなことで
お悩みではありませんか?

導入をご検討の方や
資料請求はこちらから

お問合せ・お申込み

診療所の導入メリット

- 安診ネットOneならこんなことができます -

使いやすいスマホアプリで
患者様やそのご家族が無理なく継続利用

スマホアプリにバイタルや症状を入力するだけで、健康管理が可能に。
患者様やそのご家族に使い続けていただきやすい設計です。

お悩み解決!
  • 診療空白期間の患者宅での医療リスクを知りたい。

AIが医療リスクを

で表示します

全国の施設や医療機関で早期発見や重症化予防に実績を上げている『安診ネット』。特徴は個人ごとのバイタルデータから統計学等を用いて医療リスクを算出するAIです。診療所は僅かな時間で患者状態やトリアージを把握できます。

お悩み解決!
  • 遠隔モニタリングでオンライン診療の質を上げたい。
  • 病院搬送すべきタイミングを遠隔から知りたい。

医師や看護師は遠隔でも
状態の把握や指示が可能に

患者の毎日の健康状態(熱型表)が見える化され、訪問時の症状が共用メモで把握できるため、容態の悪化などを捉えて、電話診療や訪問を行ったり、医療機関への搬送の判断材料としたりすることも可能です。訪問診療・看護時の情報端末としても有効です。

お悩み解決!
  • 訪問診療の事前に患者状態を把握し準備をしたい。
新型コロナ対策にも

日本医師会※提言の発熱に対応し(※1)、
肺炎の医療介入の検知に対して実績(※2)のあるシステムです。

※1: 日本医師会COVID-19有識者会議報告書 ※2: 厚生労働科学研究他

ご利用者の声診療所

  • 高血圧、慢性心不全、肺炎等を含めた感染症を繰り返す患者様等には効果があったとおもいます。バイタルサインの変化は状態悪化の兆候の察知に重要と感じました。
  • 要介護度が高く、通院が困難な患者様の状態把握には、ある程度有用であったと思われます。バイタルサインの変化の観察も有用であるが、データが確認できることにより、「生存確認」ができるケースもあると感じました。

介護施設の導入メリット

- 安診ネットOneならこんなことができます -

入居者様のバイタルや症状を
自動入力※ ※所定のバイタル機器を使用した場合

入居者様のバイタルを測定し、手書きよりも簡単にシステムに入力して、データ管理が可能になります。

お悩み解決!
  • バイタル測定など健康管理の作業手間を減らしたい。

施設入居者様の健康管理も
ICTで科学的に

入力されたデータは分析され、赤・黄・緑でトリアージが示されます。トリアージに応じて、患者の観察密度を変えられるため、効率的な健康管理ができるようになります。

お悩み解決!
  • 入居者の医療リスクを職員の質に依らず把握したい。
  • 重症化予防して入院期間や退去数を減らしたい。

施設内はもちろん、
医療機関とも情報共有

情報を施設内だけでなく、医療機関の医師とも共有。医師に同じ画面を遠隔で見てもらいながら、相談をすることができます。

お悩み解決!
  • 介護士 = 看護師 = 医師の情報共有を効率化したい。
新型コロナ対策にも

職員様の体温と症状をスマホアプリに入力することで、職員様の健康管理にもご活用いただけます。
出勤前に自宅にて体温を測定し、症状と共にアプリに入力するだけでコロナ疑いが表示されるため、自宅待機させるなどの対応を取ることが可能です。

ご利用者の声介護施設

  • 利用者様の体調などがスコアで「見える化」されるところが特徴ですね。看護師が何をポイントに仕事をしなければいけないかがはっきりしてきます。
  • (要介護度の重い方を見ていることに対して)精神的な負担が軽減されました。

料金について

2021年3月までは無料でご利用いただけます。

それ以降は今後リリースされるオプション機能及び、
スマホアプリ利用者の人数に応じて、利用料をいただきます。

よくある質問

無料期間はいつまでですか?
補助事業を活用しており、2021年3月まで無料でお使いできます。その間はシステム利用料金は一切頂きません。
2021年4月以降は有料化の予定です。予定価格等が気になられる方はご相談ください。
患者様や入居者様も無料ですか?
2021年3月まで無料です。
本システムは法人の医療機関や施設に紐づいており、患者様や入居者様の費用負担はございません。
準備するものを教えてください。
iPadと管理用PCが必要となります。体温計などの測定機器は普段お使いのもので構いません。
なお自動測定機能付きの体温計などバイタル測定器を利用していただくと、更に作業効率がアップいたします。
各アプリはどのようにダウンロードするのですか?
「モニタリングアプリ」および「管理アプリ」は、初期設定を行いますので、営業担当者にご連絡ください。
「スマホアプリ」は各アプリストアから「安診ネット ログ」で検索し、ダウンロードしてください。 または、個人向けサイトのアプリストアへのリンクからダウンロードしてください。 スマホアプリのダウンロード方法の詳細は、こちらからもご紹介しております。

仕様

安診ネット One

項目 動作環境 対応機能
個人向けスマホアプリ iOS11以降、Android OS 6以降(Androidの機種によっては動作しない場合もありますので、予めご了承ください) 対応機能:パーソナルアラート/バイタルデータ・症状入力/熱型表/測定値一覧/プロファイル
モニタリングアプリ iPadOS13以降、iPad Air推奨(iPad、iPad miniも可) 熱型表/患者一覧/患者プロファイル/記録・メモ作成/スケジュール管理
管理用アプリ Google Chrome推奨(クライアント証明書が必要) 患者登録/施設グループ登録/ユーザ登録/熱型表/帳票作成/バイタルデータ一覧

自動入力対応計測機器(購入方法などについては各メーカーにお問合せください)

メーカー 対応機種
日本精密測器 NISSEI 上腕式血圧計 DS-S10
皮膚赤外線体温計サーモフレーズ MT-500BT
パルスオキシメータパルスフィット BO-750BT
テルモ TERUMO※ 電子血圧計H700
電子体温計C215
パルスオキシメータAファインパルスSP
管理用アプリ Google Chrome推奨(クライアント証明書が必要)

※iOS13以上のNFC対応端末で動作

お問合せ・お申込み

お問合せ内容必須
アンケート必須

以下の内容から解決したい課題を選択してください(上位3つまで)

以下の内容から解決したい課題を選択してください(上位3つまで)

機関名必須
役職必須
担当者名必須
メールアドレス必須
お電話番号必須
 -   - 
住所
〒 ※郵便番号(7桁)を入力すると自動で住所が表示されます

すべての入力内容をご確認のうえ、「確認画面へ」ボタンを押してください

pagetop