機能紹介

基本機能

  • 患者様のスクリーニング

    患者一覧

    患者は医療リスクが高い順に並べられ、要注意患者がスクリーニングできます。患者情報はボタン一つで一覧可能で、医師は僅かな時間でチェックできます。

  • 医療情報が一画面に集約

    多機能熱型表

    一画面で、バイタル・症状・既往歴・トリアージが閲覧できます。看護記録と診療録がそのまま共有されるので、病棟にいるかのような管理が可能です。

管理用オプション

「One」これひとつで様々なシーンに活用できます。

  • 各現場でも同じ熱型表で健康管理

    各現場でも同じ熱型表で健康管理
  • 多階層の管理が可能で情報を一元化

    多階層の管理が可能で情報を一元化
  • 介護一括入力

    介護一括入力

    簡便に入力された生活記録より、食事量は栄養状態、水分量は脱水、排泄は便秘及び排泄状態の評価のため、自動的に集計・分析されます。これらの情報は今後、LIFE (科学的介護情報システム) に自動転記するだけでなく、どうしたら自立支援・重度化防止ができるか、というアウトカムを出すための分析ができるようになります。

  • 看護記録

    看護記録

    全体把握の「鳥の目画面」、詳細把握の「蟻の目画面」の切り替えで、トリアージやスケジュールなど必要情報が短時間で把握できます。

  • 申し送り機能

    申し送り機能

    看護師・介護士の申し送りが、この画面でできます。施設管理者は、事務所にいながらタブレットで申し送り内容やその既読者を確認でき、時間短縮になります。

  • 訪問医療・看護

    訪問医療・看護

    訪問看護システムとして、「スケジュール」「訪問看護請求※」機能を搭載できます。また訪問医療時に便利な「ビデオチャット機能」により遠隔モニタリングも可能です。

    ※ORCA 社 訪看鳥クラウド

  • オンライン診療関係機能

    オンライン診療関係機能

    オンライン診療に必要な「ビデオチャット」機能のほか、「スケジュール(予約)」「クレジット決済」機能が搭載できます。